パラスポーツ情報シェア

障がい者スポーツの普及、促進を目的に、障がい者スポーツに関する情報をシェアします。NPO法人札幌チャレンジドが実験的に運営しています。

パラアスリートー柳本あまね(車いすバスケ)ー

車いすバスケ女子日本代表最年少、 20歳の現役女子大生のパワーカラーはピンク!

「気づいてました? 私のパワーカラーなんですよ」

 ピンクのネイルを褒めると柳本あまねは、ニコッと笑った。

 そういえば、あまねの持ち物はピンクが多い。

 「一番やる気が出る色なんです。だからパワーカラー(笑)。合宿とか、大会の前にはサロンに行って、濃いピンクにしてもらいます」

 お姉さん揃いの車いすバスケ日本代表の中でも、あまねの女子力は高い。

 「フフフ…ありがとうございます。バスケから離れたら、女の子でいたいんです。女子大生だし。ガーリーなのは好きじゃないけど、カジュアルな感じが好き。でも…マッチョすぎて、大きめサイズのあるところじゃないと買えないんです。ブランドで言うとHoneysとかH&Mとか。袖口がダボっとしたやつ(笑)」

 

京都にある同志社女子大に通うあまねは、まだ20歳。

 日本代表女子では最年少だ。

 「高校1年の2014年のアジパラ(アジアパラ競技大会)から日本代表に入りました。でも2016年のリオパラリンピック直前で代表から外されて…すごい悔しい思いをしたんです。あの時の実力では、選ばれなくても仕方がないと思って納得したけど、時間が経つにつれて、どんどん悔しくなってきたんです。もともと負けず嫌いですし。それから練習にも気合が入りました。スイッチが入ったみたいな。あと車の免許を取ったというのも大きかったですね。高校時代は親の送迎で練習場所まで行ってたのが、自分で運転して行けますから」

 あまねの両下肢機能障害は先天性ではなく、2歳4ヶ月の時に突然、歩けなくなったという。

 詳細はこちら